フレッツ光からeo光に乗り換える場合に知っておきたい代理店とは

フレッツ光からeo光にお得に乗り換える方法

フレッツ光は全国展開している業者ですが、eo光は関西のローカル回線です。なので関東に住んでいるひとの場合はフレッツ光などが良いのですが、関西ではローカル回線であるeo光がおすすめです。全国展開の業者というのは回線規模は大きいのですが、それにもましてユーザーの数が多いです。インターネット回線は同時に多くの人がアクセスすると当然回線が混雑するので、回線規模のわりにユーザーが多いと回線がパンクします。

 

なので、ローカル回線の方がユーザー数が少なく回線がパンクしにくいというメリットがあるのです。基本的に全国展開している業者というのは、利益のためにそうしています。なので、多少既存の顧客の回線がパンクしようとそのまま新規に顧客を獲得しに走るということがあるのです。

 

その証拠に光コラボレーション業者は新規顧客獲得のために個人宅の訪問や電話営業を行っており、行政指導が入るくらいに熱心です。回線を整えるということよりも営業に力を入れるので、回線がパンクしたり顧客からすると困った事態になりやすいのですが、そこは違約金やキャッシュバックで縛り付けているので問題ないということになります。

 

光コラボ業者に関して

もちろん光コラボレーション業者は料金が安いというようなメリットもあるのですが、その分顧客を多く獲得する必要があるということで、違約金で縛ってでも強引に顧客を獲得します。インターネット回線というのは基本的にシンプルで、回線業者の大元があって、プロバイダーがあって顧客がいるだけの話です。

 

いろいろとややこしく見えているのは、(ドコモ光が顕著ですが)顧客に分かりにくくして多く料金を取るためです。これはインターネットだけでなく、他の多くのものでも同じことで、保険などは例としてわかりやすいでしょう。良いサービスほど分かりやすいプランになっているもので、逆に複雑になっているというのは顧客に分からないように料金を取るということです。なので、サービスはシンプルな方が優良という鉄則は知っておいた方が良いでしょう。

 

分かりにくいサービスや料金プランの意味

顧客を欺く以外の理由でサービスを複雑にするメリットというのはまったく無くて、サービスを複雑にややこしくしておいて、一見お得に見えるものにオプションを付けるなどです。家電量販店などはこのようなトリックをやりがちなのですが、付き合うことは避けたものです。インターネット上でサービスを調べて比較検討すれば、店舗で無駄に店員とやり取りするという必要もなくなるので、それの方が良いです。

 

フレッツ光からeo光に乗り換える際には、先にフレッツ光を解約する必要があります。しかし、eo光の契約がいつできるかは事前に確認した方が良いでしょう。最近はないのですが、解約したは良いものの、工事が遅れるというようなことが昔は多かったです。これは最悪の事態で、インターネットをそれほど使わない人なら良いのですが、普段からインターネットを多く利用する人や、ましてやインターネットで仕事をするという人の場合は死活問題です。

 

eo光の乗り換え時期の確認・スケジュールは綿密に

ですので、あらかじめeo光への乗り換えがいつできるのかということは知っておかなければならないということになります。特にキャンペーンを積極的に打ち出している時期には移行する人が多くなるので、工事が遅れるということもあります。過去には元のインターネット回線を解約したのは良いものの、次の回線に移行するのに数カ月かかったという事例もあります。これは光コラボレーションが出てきた際によくあったことなのですが、工事の遅れのせいで数カ月間インターネットを利用できないというのは最悪でしょう。

 

ただの店員(スタッフ)や営業マンの言葉を鵜呑みにしないように

そして、店員や営業の人に口頭で工事のことを聞くと、「工事はすぐ」というようなことを言ったりしますが、それを信用するのが間違いです。店員や営業の人は適当なことを言ってでもノルマを達成する必要がありますし、仮に言っていることがまったく違っていたとしても責任は取りません。なので、インターネットで口コミなどを見て客観的な情報を得るということが重要になります。基本的にサービス提供者の意見だけで判断するというのは合理的な選択ではありませんし、情報として偏るのは当然のことでしょう。

 

特に店舗の店員や営業の人がノルマの達成しか考えていないというのは有名な話です。言動に責任を取らなければならないという感覚もないですし、誇張表現をするのは当たり前という文化です。場合によっては、店舗に来た顧客に不利な条件で契約をさせることで満足感を得るというような店員もいます。実際最近はSNSでの問題発言というのが目立ちますが、店舗の店員が強引なノルマ達成をしたことを自慢しているというようなケースも多々あります。店の評判というのは店員個人にはあまり関係がないので、ノルマさえ達成すれば良いと考えるのです。

 

顧客がクレームを入れたとしても、クレーマーとして処理できます。もともと情報を得ていて、サービスについて適正なことを言う人であれば、そもそも店舗で契約しません。店員もそれはわかっているので、店舗で契約する人というのはいわば雑魚です。なので、ノルマ達成のための鴨にしても問題ないということになります。

 

 

eo光に乗り換えるときに「使える」代理店の紹介

eo光はライフ・イノベーションなどの代理店で申し込むのが良いです。実際の店舗で契約するというのは論外なのですが、インターネット上でも公式サイトはあまりメリットがありません。キャッシュバックなどのキャンペーンが少ないからです。キャッシュバックというのは違約金と同じで顧客を縛るためにあります。

 

>>eo光への乗り換えで失敗しない!お得な代理店サイトはこちら

 

顧客に対してメリットをアピールしながら、うまく顧客を縛るということを行っています。「縛る」という表現は少し過激ですが、料金が同じならばキャッシュバックは多い方が良いでしょう。もともとは顧客が支払った料金の一部が戻ってきているだけなので、ありがたがるものでもないのですが、その料金が同じならば返してくれないよりは返してくれた方が良いということになります。

 

最初から料金を安くしてくれれば一番良いのですが、業者としてはキャッシュバックというインパクトを残せて、さらに顧客を縛る人質のようなものなので、手放せないでしょう。どうしても新規に顧客をどんどん取りたいので、回線がパンクしたり遅くなるリスクはあります。その際に顧客に他の業者に逃げられると損になるので、何かしらの形で縛り付けておく必要があるのです。また大元の光回線が原因ではなく、プロバイダーのせいで回線が滞るということも多々あります。なので、違約金などで縛り付けておかなければ、純粋なサービスには不満が出てくる可能性があります。それを業者側はわかっており、また新たにもっと便利なサービスが出てきた際に解約されてしまう可能性があるので、それをふせぐために違約金で縛り付けているということもあります。

 

このようなことは消費者がわかっていないと判断すると余計にやってくるので、気を付けた方が良いです。気を付けるというよりは、インターネットで適正に情報を得て判断するということを消費者が行っていけば、業者はそういったごまかしをあまりしなくなります。なので、一人一人が適正に判断していくというのが良いでしょう。サービスは時期によってどれがもっともお得かということが変わってくるので、その時々で調べるということが必要です。なので、一番重要なのは、検索して調べるという力になります。インターネットサービスでも他のものでも同じです。